池袋駅東口より歩いて3分 1F~3Fまで約70台展示のベッド専門店

ベッドマットレスの掃除やお手入れ方法!

毎日使うベッドのマットレスは、なるべく清潔な状態をキープしたいものです。しかし、頻繁に天日干しをしたり、クリーニングに出したりするのはなかなか難しいでしょう。今回は、家庭でもできる、簡単なマットレスのお手入れ方法についてご紹介します。シミやカビの対策についても合わせてご説明しますので、参考にしてみてください。

こまめにマットレスに掃除機をかけよう

マットレスには、どうしてもホコリやダニの死骸などのゴミがたまってしまうため、こまめにお手入れをしたいところです。最近では、専用のクリーナーなどもありますが、家庭用の掃除機でも十分きれいになります。
シーツやパッド、カバーをすべて外し、念入りに掃除機をかけてください。コツは「時間をかけてゆっくりと行う」こと。縦方向、横方向の順番で掃除機をかけ、側面や裏面も同じように行います。また、掃除機をかけるときは、部屋の窓を開けて風通しを良くしておきましょう。

子供やペットがおしっこをした場合は?

小さなお子さんや飼っているペットが、マットレスにおしっこをしてしまうこともあるでしょう。特に犬や猫は、一度した場所がきれいになっていないと、何度も同じことを繰り返してしまいます。なるべく早く掃除を行ってください。
すぐに気づいた場合は、捨てても良いタオルなどでしっかりと水気を吸い取ります。応急処置としては、酢と水を1:1で混ぜた酢水を吹きかけて再びよく拭き取ると、臭いやシミを薄めることができます。しかし、完全にキレイにするには、専門の業者にお願いするのが一番です。早期であればあるほど、きれいに除去できる可能性が高まるので、なるべく早く相談することをおすすめします。

シミや臭いの取り方について

コーヒーやジュースをこぼしてしまったときも、なるべく早く対処するように心がけましょう。まずは固く絞った濡れタオルなどで、シミの上からトントンと叩いてください。このとき、擦るように拭いてしまうと汚れが広がるので注意しましょう。
シミが薄くなったら、薄めた中性洗剤をシミの上に少し垂らし、数分間浸透させます。その後、洗剤が残らないように、タオルなどでもう一度しっかりと拭き取ります。また、全体的に臭いが気になる場合は、除菌効果のある消臭剤を吹きかけるのもひとつの方法です。

ダニやカビのお手入れ方法について

マットレスのお手入れを怠ると怖いのが、ダニやカビの繁殖です。普段からしっかりと対策を採っておきましょう。

ダニ対策

ダニの予防に有効なのが、定期的なマットレスのローテーションです。裏返したり、向きを変えたりしてください。また、ダニはフケや汗をエサにするので、枕やシーツはこまめに洗いましょう。
もし、ダニが発生してしまった場合は、すぐに掃除機で吸い取りましょう。1平方メートルあたり20秒は掃除機をかけてください。

カビ対策

カビは湿気が多い環境下で繁殖をするため、通気性をよくしておくことが大切です。こまめにひっくり返して、裏面にも風を通してあげるようにしましょう。また、床にマットレスを直置きして使っていると、カビが発生しやすくなります。
カビが生えているのを見付けたら、消毒用エタノールを吹きかけ、マットを立て掛けてよく乾燥させます。これを2~3回程度繰り返すことをおすすめします。
普段からこまめにお手入れを行い、快適にマットレスを使えるように心がけましょう。自分では対処しきれない大きな汚れや強い臭いの場合は、専門のクリーニング業者にお願いすると効果的です。無理に自分で解決しようとせず、うまく使い分けるようにしてください。

ベッドマットレスに寿命や交換時期ってあるの?

なかなか買い替える機会がないベッドマットレス。買ったときから、もう何年も同じもの…