池袋駅東口より歩いて3分 1F~3Fまで約70台展示のベッド専門店

グースカコラムGuska Column

心地よい眠りためのベッド選び

間違いだらけのマットレス選び

--- 私にピッタリの心地よい眠りを探して---
快適な眠りの為に 自分に合ったベッドやマットレスを選ぶポイントは、肌や身体が感じる快適性。実際に様々なタイプ・メーカーのベッド マットレスに横になってみないと始まりません。とにかく、沢山のベッドに横になって見る事、自分の好きな寝姿勢、寝返りなどをしてみて すこしづつ好みがわかってきます。だから、一概に「硬いのがいい、柔らかいのがいい」というのは 間違いです。身体の大きさ、筋肉の量、柔軟性、寝姿勢、背骨のカーブ、骨格、寝返りの回数等様々なファクターで その人にあうマットレスは 変わって来ます。

理想の寝姿勢とは?

人間がスッとまっすぐに立った姿勢の背骨の状態が、身体各機関にもっともストレスの無い状態といわれています。腰 尻部の極端な落ち込みなどは、腰の筋肉などに余分なストレスを与えてしまいます。

硬すぎるマットレスと柔らかすぎるマットレス

理想の寝姿勢をサポートする為に、マットレスは重要なファクターになります。その人にとって なぜ硬すぎたり、柔らか過ぎたりするといけないのでしょう。まず、硬すぎるマットレスですが、身体の一部分だけが、圧迫され血流が阻害されてしまう恐れがあります。そのために、不必要な回数の寝返り(適度な回数の寝返りは、熟睡に必要ですが。)が多くなり、熟睡をさまたげることになるのです。では、柔らかすぎるとなぜ いけないのでしょう。理想の寝姿勢では、腰部分の下方面にかかる圧力は、体重の約44パーセントといわれています。(頭部8%肩33%脚部15%)そのため、自然に仰向け寝ると 腰部だけが深く沈んでしまうのです。腰が 不自然に曲がった状態で熟睡できるわけありませんね。腰への負担もかなりのものになってしまいます。

では、いいマットレスとは?

人それぞれ 色々なファクターで、その人に合うマットレスは、違ってきますが、あえて一言でいうなら、「スプリングの表面は、身体の凸凹に反応してしっかり身体を支え(寝姿勢の対圧分散)、一方で 身体とスプリングの間に詰め込まれる充填物は出来るだけソフトな素材であること」が身体にストレスの少ない寝姿勢を保ついいマットレスといえるでしょう。しかし、なんと言っても、いろいろなブランドのいろいろなタイプのマットレスに横になって試してみる事これが一番大事です。

アクセス

〒171-0022
東京都豊島区南池袋1-25-9
Tel.03-3983-6111 Fax.03-3989-0957
池袋駅東口から徒歩3分