池袋駅東口より歩いて3分 1F~3Fまで約70台展示のベッド専門店

ファイヤーブロッカーFIREBLOCKER

サータ

ファイヤーブロッカーとは

2005年1月1日、アメリカ・カリフォルニア州にて規制された、マットレスの火災に対する安全性基準(家具設備等における)【防災基準/TB-603(Technical Bulletin 603)】をクリアーした難燃仕様のベッドマットレスです。SERTA JAPAN(サータジャパン)としても、これまでの高品質に加え、【安全性】を標準装備しました。

サータベッドのファイヤーブロッカーとは

2005年1月1日、アメリカ・カリフォルニア州にて規制された、マットレスの火災に対する安全性基準(家具設備等における)【防災基準/TB-603(Technical Bulletin 603)】をクリアーした難燃仕様のベッドマットレスです。SERTA JAPAN(サータジャパン)としても、これまでの高品質に加え、【安全性】を標準装備しました。
■日本の火災に関する背景は…?
日本の国内において、毎年6万件の火災が発生し、住宅火災による死者は建物火災の約9割、そのうち65歳以上の高齢者が過半数を占めていると言われています。(住宅防火対策推進協議会HPより/2006年2月)
高齢化の進展に伴い、防火品は今や安全な暮らしの必需品になっています。

■FIREBLOCKER(ファイヤーブロッカー)とは…?
有害化学成分を含まない、【自然物質】と【素材難燃繊維】のブレンド素材です。【自然物質】はセルロースを主成分とするコットンなどの繊維で【素材難燃繊維】は難燃性の化学繊維です。
燃焼に必要な酸素の供給を妨げる/遮断する働きをする事により、発火までの時間を遅らせ、燃焼時に排出される有毒ガスの発生を遅らせ、避難時間を確保出来るようになります。
つまり、「ベッドマットレス自体を出来る限り長い時間、燃焼から守る」事による【プロテクター】としての機能が FIREBLOCKER(ファイヤーブロッカー)の特徴なのです。

■FIREBLOCKER(ファイヤーブロッカー)のメカニズムは…?
燃焼するのに最低限必要な酸素量を物質毎に数値で表したものを【LOI値(限界酸素指数)】と言います。
このLOI値が20を下回るものは燃焼性が非常に高いと言われています。
一般的なコットンのLOI値は17〜18と言われますが、
FIREBLOCKER(ファイヤーブロッカー)で使用している素材難燃繊維のLOI値は約33で、非常に難燃性の高い素材を使用しています。
この難燃繊維(不活性物質)をサータベッドマットレスの第二層(表生地の下側)に施すことにより、酸素の供給を妨げる働きをし、燃焼を出来る限り抑え、頑固な炭素の膜になることにより、内部への炎の侵入と酸素の供給を遮断します。表面が炭化して皮膜を作る事により、大きな発火現象(フラッシュオーバー)までの時間を遅らせ、内部層(ウレタン等)が燃焼した時に排出される有毒ガスの発生を遅くし、避難時間を確保出来るようにします。
※LOI値(JIS K-702 限界酸素指数)


※TB-603のテスト方法:ベッドマットレスをガスバーナーで横方向から50秒、上方向から70秒焼き、バーナーを止めてその後の鎮火時間で判定します。

アクセス

〒171-0022
東京都豊島区南池袋1-25-9
Tel.03-3983-6111 Fax.03-3989-0957
池袋駅東口から徒歩3分