池袋駅東口より歩いて3分 1F~3Fまで約70台展示のベッド専門店

失敗しないベッドサイズの選び方!

ベッドを選ぶ際、そのサイズはとても重要です。「一人暮らしだからシングルベッド」「二人で使うからダブルベッド」などと安易に考えていませんか?実際に使ってみると意外と狭かったり、部屋の大きさに不釣り合いだったりすることも少なくありません。今回は、失敗しないベッドサイズの選び方をご紹介しましょう。

ベッドサイズの種類

まず、ベッドのサイズにはどのような種類があるのかを覚えておきましょう。

セミシングルベッド

約80~90cm×195cm。小さめのタイプ。子供用として使う人や、2台並べて使う人が多いです。

シングルベッド

約100cm×195cm。一人用として最も一般的なサイズです。

セミダブルベッド

約120cm×195cm。二人用と勘違いされがちですが、ゆったりサイズの一人用です。

ダブルベッド

約140cm×195cm。代表的な二人用のサイズです。人によってはやや狭いと感じることも。

クイーンベッド

約160cm×195cm。大きめタイプ。二人でもゆったり横になれるサイズです。

キングベッド

180cm×195cm。正方形に近く、かなり大きいタイプ。ホテルのスイートルームでも見られるサイズです。夫婦と子供の三人で使う人もいます。

自分の体型に合ったサイズの選び方

たとえば、体の大きな成人男性が小さなセミシングルベッドを使うと、寝返りを打ったときなどに床に落ちてしまうことも。体型に合わせてサイズを選ぶことが大切です。
一般的に、「自分の肩幅プラス30cm」が狭さを感じさせないベッドのサイズだと言われています。ベッドの中央に横になったとき、左右に15cmずつ(できれば20cmずつ)余裕があると、寝返りも楽に打てるでしょう。二人で使う場合も同様で、横になったときに互いの間に15~20cm余裕があると窮屈さを感じにくいです。自分の肩幅をメジャーなどで計測し、プラス30cm以上のサイズのベッドを選ぶことをおすすめします。
ちなみに、一人で使う場合のベットタイプの目安としては、小柄な人はセミシングル~シングル、一般的な体系の人はシングル~セミダブル、大柄な人はセミダブルと考えるとよいでしょう。

部屋の間取りに合ったサイズの選び方

いくら大きなベッドが快適だからといっても、それが部屋の大部分を占めてしまうようでは機能的とは言えませんよね。場合によっては、ベッドが邪魔をしてドアの開閉などに支障を来たしてしまうこともあります。
ベッドを選ぶ際には、部屋の壁から壁の距離をメジャーで測り、実際にベッドを置いたときにどのくらいのスペースを占めることになるのかをシミュレーションしてみてください。ベッドメイキングのためのスペースも必要になるため、壁から10cm以上は離して置くことを考えましょう。また、ベッド下が収納になっているタイプの場合は、引き出しを開けるためのスペースも作らなくてはなりません。
部屋の使い方や他の家具にもよりますが、目安としては以下の通りです。
・4~6畳…セミシングル
・6~8畳…シングル、セミダブル、ダブル
・8畳以上…クイーン、キング
寝相の悪い人や、二人で寝るときに相手の動きが気になるような人は、少し大きめのベッドを選ぶことがポイントです。購入してから「失敗した」と後悔することがないように、自分の体型や部屋のことをよく考えて、ベッドのサイズを選ぶようにしましょう。

シーリー、サータ、シモンズをそれぞれ比較してみた!

日本でも有名なアメリカのベッドメーカー、「シーリー」「サータ」「シモンズ」は、ベ…

腰痛にならないベッド・マットレスの正しい選び方とは?

「朝起きたとき腰が痛む……」というお悩みを持つ方は意外に多いものです。ヘルニアな…